クレジットカード 滞納

MENU

クレジットカードの支払いを滞納遅延しないで済む対処法とは!

買いたいものがあれば多少高くても手に入ってしまうクレジットカードはもう手放せないという方も多いと思います。私自身もクレジットカードがなければ人生、損をしていると思うほどクレジットカードの依存症でもあります。

 

そんな私が失敗した経験から学んだ、返済の遅延や滞納に関する情報などを書いてみたいと思います。もし滞納をしてしまうとどんなペナルティがあるのか、気になるという人もいるのではないでしょうか。

 

 

クレジットカード使用料金の引き落とし日は注意すること

 

カードの料金を支払う日というのは必ず設定されています。その支払日までにお金を準備しておくことが何より重要です。支払日当日にお金を振り込んでも実際には間に合わないケースが多々あります。

 

クレジットカード会社が銀行口座から引き落としを行う時間帯というのもそれぞれ違うかも知れませんので、当日の朝一番で振り込めば引き落としがされる場合もあると思いますが、もし間に合わなかった場合、カード会社には遅延としての記録が残ってしまいます。

 

そういうリスクを無くすためにも、お金を口座に準備する場合は、引き落とし日の前日までに行うことが重要です。ほんのちょっとした事で遅延や延滞扱いとなってしまうのはとてももったいないことです。

 

クレジットカードの会社によってルールが違いますが、遅延や延滞の記録が複数になるとカードの使用停止扱いになったり強制退会されることがあります。そうなるとCICやJICCという信販会社が管理している個人信用情報にブラックリスト入りしてしまいます。

 

そうなるとカードが使えなくなるだけでなく、数年間はカードを作ろうとしても審査に通らないということになってしまいます。お金の管理をきちんと出来ないだけで信用を失ってしまうということです。

 

 

クレジットカードの支払いを遅延や滞納しないためにすること

 

確実に支払日を確認しておきましょう。銀行口座引き落としでは忘れてしまう方は、振込用紙で振り込むようにするのも良いと思います。うっかり忘れてしまうのは個人の注意力なので手帳に書くなどで防げます。

 

 

問題は給与の振込日がクレジットカードの支払日より後のためにお金が準備できないケースです。この問題は、支払日が分かっていてもどうしようもない事があります。

 

そんな時に準備しておきたいのが、モビットのキャッシングです。これは現金ですぐに準備出来ますし、返済も簡単に行えます。審査が必要となりますが、無料で作れますしモビットの場合はすぐに審査が完了するのが大きなメリットです。

 

ぜひ前日までのお金の工面に利用してみてください。